寝具

コンテンツ01
座布団

座布団 旅館 八端判 銘仙判 夫婦判

座布団の歴史は鎌倉時代位までさかのぼるそうですが、ご存じでしたか? 今では、和室の無い住宅も増え、だんだんと座布団の需要が減って来ました。 そんな中、和風旅館で欠かせないのが、座布団ですね。 座布団の大きさは、主に3種類あり、 一番小さいのが、宴会場とかに置く、銘仙判(55×59cm)、次にお部屋に置くのが、八端判(59×63cm)、最後に一番大きなのが夫婦判(65×69cm)となります。 夫婦判は旅館では、鏡台の前に置いたりしていました。 以前は、それにカバーを掛けて縫製しておりましたが、最近はカバーだけ洗えるように、カバーにファスナーを付けるようになりました。 枚数は10枚から、ご注文受け付けております。
中身の素材ですが、綿、ウレタン、フェザーなどです。 一番豪華なのは、フェザーを綿巻きしたものです。 お部屋に置くもので、一般的なのは、綿の中に、ウレタンの芯を入れてものです。 柄もいろいろと揃えておりますので、お気軽にお問合せください。

コンテンツ01
コンテンツ01
コンテンツ01